抜け毛が気になるのなら、なぜ抜けてしまうのか、その原因をまずは探りましょう。
なぜ抜けてしまうのかを知ることが、抜け毛や薄毛を改善するための近道です。
親族に薄毛の方がいらっしゃると遺伝を疑い、諦めてしまう方もいらっしゃいます。
しかし、髪が抜けていく原因は遺伝だけではありません。

生活習慣や間違ったヘアケアなどが薄毛を加速してしまうこともありますので、自分が間違ったことをしていないか、まずは確認しましょう。
髪が薄くなってきたら、現実としっかり向き合うということが大切です。
わかめを食べたり、硬いブラシで頭皮を傷めるようなケアをしていても、抜け毛を減らすのは難しいものがあります。
原因を正しく把握し、抜け毛を防ぐための正しい対策を講じるようにしましょう。

抜け毛の原因とは?遺伝は関係ある?

抜け毛 抜け毛の原因と遺伝とは関係があります。
しかし、それが全てではありません。
親族に薄毛の方がいらっしゃる場合、自分も薄毛になる可能性はたしかに高いかも知れませんが、諦めずに正しい対策をとることが重要です。
遺伝による薄毛で影響が大きいのは男性型脱毛症です。
男性型脱毛症は遺伝により体質が引き継がれることにより発症することが多いためです。
親族に男性型脱毛症による抜け毛で悩まれている方がいる場合には、自分にその体質が引き継がれていないか、チェックしておくとよいです。

男性ホルモンが抜け毛に関係?

男性型脱毛症による抜け毛は、男性ホルモンであるテストステロンが関係しています。
単純に男性ホルモンであるテストステロンが抜け毛の原因になるわけではありません。
5αリダクターゼという還元酵素と結びつくことにより、と、抜け毛を引き起こすジヒドロテストステロン(DHT)に変化してしまうことにより、抜け毛や薄毛を招く原因になります。
ジヒドロテストステロンは脱毛を促すのですが、増えれば髪が抜けるのかというと、そこまで単純ではありません。
ジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞にある受容体と結びつくことにより抜け毛や薄毛の原因となるからです。
受容体の感度が高いと、髪は抜けやすくなります。

5αリダクターゼとは

受け継がれると抜け毛が起きやすくなる体質は、以下の二つに分けられます。

  • 還元酵素である5αリダクターゼの活性が高い
  • 受容体の感度が高い

遺伝が気になるのなら、この二つに注目して親族の状況をチェックしてみましょう。
遺伝で考慮に入れなければいけないのが、母親からのものなのか、父親からのものなのか、という点です。
母親、父親、どちらの遺伝的な要素も受け継がれていきます。
しかし、5αリダクターゼの活性が高いことと、受容体の感度が高いこと、この二つの要素がそれぞれどちらから引き継がれているのかということまで分かってきています。

5αリダクターゼの活性については、両親のうちどちらか、活性の高い体質が引き継がれます。
父親から引き継がれるのは5αリダクターゼの活性の高さです。
父方の5αリダクターゼの活性が高い場合には、父方からの遺伝によって、5αリダクターゼの活性の高さが引き継がれます。
5αリダクターゼの活性が高いという体質を引き継いでも、必ず薄毛になるわけではありません。
遺伝には母方から引き継ぐものもあるからです。
母親からの遺伝では、5αリダクターゼの活性についてだけでなく、受容体の感度も引き継ぐことになります。
母方からの遺伝では、5αリダクターゼの活性だけでなく、受容体の感度というものも引き継ぐことになるため、父親よりも母親からの遺伝による影響の方が大きくなります。

遺伝の影響で薄毛になる可能性は高くなる

二つの体質について受け継がれていくため、父方の祖父が薄毛であるよりも、母方の祖父が薄毛であるほうが、薄毛に悩まれる可能性は高くなります。
しかも5αリダクターゼの活性については、優性遺伝であると言われているため、両親のどちらか一方でも活性が高い体質であれば、活性の高い体質を受け継ぐことになります。
そのため、5αリダクターゼの活性については、両親ともに活性が低い体質でないと、活性の低い体質になるというのは難しくなります。
母親から遺伝するのは受容体の感度もあります。
この遺伝は隔世遺伝となります。
そのため、母方の祖父が男性ホルモン受容体の感度が高かった場合には、その体質を自分が引き継いでしまう可能性は高くなります。

抜け毛の原因と遺伝は関係があり、その影響は母方、父方、両方から受けます。
特に母方の祖父からの影響が大きくなるため、母方の祖父が薄毛で合った場合には自分も薄毛に悩まされる可能性が高くなります。
もちろん、遺伝のみで薄毛になってしまうかどうかが完全に決まるわけではありません。
しかし、薄毛になる可能性は高くなります。
薄毛になってから後悔するよりも、抜け毛が気になり始めたら早めに対策をするなど、現実を受け入れて正しい判断をするほうがよいです。

抜け毛が加速する!誤った薄毛対策とは

髪の毛が抜け始めてきた男性 抜け毛が気になったからといって、間違った方法で対策をしてしまうと、かえって抜け毛が加速してしまいます。
しっかり現実を受け入れるのと共に、正しい対策を生活に取り入れるようにしましょう。
髪は頭皮から生えています。
焦ってシャンプーをしすぎたり、乱暴にドライヤーをかけたり、硬いブラシで頭皮を叩くなどといった間違ったケアをしていると、頭皮を傷付けてしまいます。
それでは育つものも育たなくなってしまいますので、注意が必要です。
抜け毛が起きるのは頭皮が汚れているせい、頭皮の汚れはとにかく落としたほうがよい、と考えている方は注意が必要です。
シャンプーを一日に何度も行ったり、洗浄力の高すぎるシャンプーを使ったりすることは抜け毛の改善にはならないからです。
頭皮を傷めることにより、かえって抜け毛を加速させてしまいます。

シャンプーを行う目的には、汚れを落とすことです。
しかし、必要以上に皮脂を落としすぎてしまうと、かえって皮脂の過剰分泌を招き、頭皮が汚れやすくなってしまいます。
皮脂は頭皮を守るという役割も果たしているため、頭皮にとっては大切なものです。
そのため、必要以上に落としてしまうと頭皮を守るために過剰分泌されてしまいます。
皮脂は頭皮を守るというバリアの機能も果たしているため、取り過ぎることで頭皮の乾燥を招くなど環境を悪化させてしまうことも考えられます。
頭皮がベタついている方にとっても、頭皮が乾燥している方にとっても、シャンプーのし過ぎは害になります。
シャンプーは一日一回までにしましょう。

シャンプーの仕方も重要

洗う時に使用するシャンプーの選び方も大切です。
洗浄力が高過ぎるシャンプーは皮脂を奪い過ぎてしまいます。
頭皮の環境を改善するためにも、抜け毛を加速させないためにも、シャンプーは低刺激のものを選ぶと安心です。
適度な洗浄力で低刺激のシャンプーを使い、優しく洗うことで頭皮環境を改善することができます。
頭皮はデリケートですから、ゴシゴシ洗ったりするとダメージを受けてしまいます。

頭皮に合ったシャンプーを選び、しっかり泡立ててから使うようにしましょう。
予洗いをしたり、ぬるま湯を使ったり、しっかりすすぐといったことも大切です。
育毛シャンプーなどの場合、成分を頭皮に残したほうが効果的ではないか、と、考えてすすぎが不十分になる方がいらっしゃいます。
しかし、頭皮に残ったものは汚れとなり、頭皮のかゆみとなって現れますので、抜け毛を加速させてしまいます。
頭皮のかゆみが現れたら、シャンプーの目的は汚れを落とすことですから、すすぎは十分に行うようにしましょう。

抜け毛が気になるという方のなかには、ドライヤーを使わないという方もいらっしゃいます。
しかし、洗った後の髪をそのままにしておくと雑菌が繁殖しやすくなります。
頭皮にとってよくありませんので、ドライヤーを使って手早く乾かすようにしましょう。

ドライヤーでしっかり乾かす

逆にしっかり乾かし過ぎるのもよくありません。
ドライヤーの熱をあてすぎると、髪も頭皮もダメージを受けてしまいます。
適度に乾かす必要はありますが、やり過ぎはよくありません。
ドライヤーを使用することにより、髪についている水分も温度が上がって蒸発しやすい状態になっています。
少し湿り気が残っているくらい、八割くらい乾いた状態になっていれば、後は自然に乾かすことができます。
手早く乾かすには、タオルを使って事前に水分を落としておくことも大切です。
ドライヤーを使うほうが良いですが、使い過ぎはよくありませんので、短い時間で効率よく乾かせるように工夫をしましょう。

わかめで髪は生えない?

わかめを食べれば髪が生えるといったことも現実的ではありません。
わかめには豊富なミネラルが含まれていますが、食べたところで体内に吸収できる量はわずかだからです。
わかめを食べたからといって、髪が生えてきたり、抜け毛が減ったりするわけではありません。
髪のトラブルはもっと複雑で、わかめを食べるだけで解消できるようなものではありませんので、正しい対策を取り入れましょう。

髪の毛が抜け始めたらまずは現実と向き合う

髪が抜けてきたら、現実と向き合って正しい対策を行いましょう。
抜け始めてしまったものは、正しい対策をしないと取り戻すことはできません。
硬いブラシで乱暴に頭皮を叩いても、髪が生えてくるということはありません。
硬いブラシでデリケートな頭皮を傷めてしまうことは、かえって抜け毛を加速させてしまうことになります。
現実と向き合って、正しい対策をとりましょう。

髪は頭皮から生えています。 頭皮の状態は健康な髪を生やすためには重要です。
ブラシを使うのなら、頭皮の血行を促したり、汚れを取り除きやすくしたりなど、正しい使い方をしましょう。
頭皮を雑に扱っても良いことはありません。
ブラシで頭皮に強い刺激を与えたり、髪をゴムで縛ったりといった毛根に刺激を与える行為は、頭皮にダメージを与える原因になります。
炎症を起こしているのはダメージを受けた証拠です。
薄毛が改善する兆しではありません。
頭皮を傷めるような愚かなことはせず、現実と向き合って正しい対策に時間を使うようにしましょう。

健康状態も髪に関わる

髪を作るための栄養は、血液に乗って運ばれます。
そのため、血行をよくすることも大切です。
ストレスを溜めたりすると血行が悪くなり、髪にも悪影響があります。
ストレスは薄毛の原因となりますので、意識してリラックスする時間を作ったりして適度に発散するようにしましょう。

髪は生命維持とは関係ないため、健康状態が悪くなると真っ先に影響が出てきます。
健康診断で問題のある数値が出ているときには、病院へ行きましょう。
病院にかかるほどではないときには、自分で生活習慣を改善して健康になることを心がけましょう。
健康診断で問題が無かった方でも、生活習慣が悪いと髪に影響が真っ先に出てきます。
規則正しい生活や睡眠時間をしっかりとること、適度な運動をすることなど、健康的な生活を心がけることは大切です。
抜け毛が増えているけど大丈夫、などと自分を過信せず、改善すべきところは改善していきましょう。

薄毛だからこそ注意すべきこと

薄毛が気になるからといって、整髪料をベタベタ付けて髪型で誤魔化すといったことは逆効果になるのでやめましょう。
整髪料は適量に正しく使う分にはよいのですが、付けすぎたりすると薄毛の原因になります。
付けすぎると頭皮につくなどして髪によくない影響がありますし、落とすときの負担も大きくなるからです。

髪が抜けるのが嫌だから髪を洗わないというのもよくない対策です。
頭皮を守ることと、頭皮を不潔にすることは違うからです。
シャンプーをすると髪が抜けるように感じる方は多くいらっしゃいますが、自然のサイクルでも髪は一定の量、抜けていきます。
自然のサイクルを気にしすぎるのはよくことではありません。
頭皮は汗や皮脂、ホコリなどで汚れています。
洗わないでいると、それらが毛穴に詰まるなど、トラブルが起きてきます。
トラブルによって頭皮に炎症が起きたり、抜け毛が増えたりすることも考えられますので、毎日、正しく洗うようにしましょう。

薄毛は諦めずに根気よく治していく

薄毛は遺伝などの影響もあるため、改善のためには自分の努力だけでは十分な効果が得られないことも多いです。
男性型脱毛症の危険がありますので、気になるのなら抜け毛の予防には早期治療をするのがおすすめです。
治療には専門病院を受診するのが一般的な方法です。
逆に親族が薄毛でないから大丈夫、と、過信してしまうのも間違いです。
遺伝だけが薄毛の原因ではないからです。
過剰なストレスや栄養不足、睡眠不足、運動不足、こりによる血行不良など薄毛を招く原因には色々あります。

髪は加齢と共に細くなっていきます。
それは誰でも同じです。
遺伝の要素がないからといって、過信してしまうのはよくありません。
髪の毛が抜け始めたら、その現実と素直に向き合って、どうすればよいのか冷静に検討しましょう。
自分で出来る対策もあれば、病院を頼るという方法もあります。
いずれにせよ、早いタイミングで改善に取り掛かるほうが効果的です。
抜け毛が気になったら、その原因を正しく判断し、早めに対策をしましょう。
育毛は日々のケアが大切

AGA関連新着記事一覧