プロペシアなど育毛剤の効果を知る

プロペシアは育毛剤として知られていますが、内服薬です。病院でのAGA治療では、薬の服用が一般的です。
プロペシアはAGA治療薬として有名で、最もポピュラーなものといってよいでしょう。アメリカの医療薬品メーカーが開発したもので、日本でもその安全性が認められ、飲む育毛剤といえます。

もともとプロペシアは前立腺肥大症や前立腺がんの治療薬でしたが、投与されていた患者の髪が濃くなったことから、薄毛治療への研究が進み、AGA治療薬として開発された経緯があります。
プロペシアの効果としては、AGAの原因とされるDHTの生成を抑制することです。
DHTは、男性ホルモンであるテストステロンが、5α-還元酵素という変換酵素の働きを受けて生成されるのですが、プロペシアは5α-還元酵素を阻害する働きがあるので、DHTの生成を抑制することにつながるというわけです。
その働きにより、抜け毛を防止し、ヘアサイクルを正常化に導き、そして髪が太く長く育つ効果が得られるのです。
また、プロペシアの効果は、発毛ではなく、抜け毛を少なくし、薄毛を食い止めるものであるため、発毛効果を得たい場合は、発毛効果のあるミノキシジルを併用することが病院では勧められます。

プロペシアで注意したいことは、副作用です。
性欲減退や勃起不全、精子減少といった性機能の減退が起こる可能性があります。
1~5%未満の確率ですが、後遺症が残る危険もあり、体の不調を感じたら、服用をやめ、医師に相談することがおすすめです。
その他、頭痛、腹痛、下痢といった症状が起こることもあります。
また未成年の服用も禁止されており、また男性用の薬であるため、女性は服用することができません。プロペシアに触るだけでもいけません。
特に妊婦は、男児胎児の場合に生殖器官に異常が発生する場合があります。
病院で処方される薬ではありますが、このような副作用も起こる危険性があるため、服用する際にはこれらのことを知っておきましょう。

ジェネリック医薬品で価格を抑えて治療を始める

AGA治療の内服薬は、継続して服用することで効果が期待できます。
ヘアサイクルが整うまで時間がかかるということもあります。効果の出方には個人差はありますが、最低でも3ヵ月~6ヵ月、継続して服用する必要があります。
効果があらわれるのに、それ以上の期間がかかる人もいます。ただ、続けて服用する場合、その分の費用がかさみがちです。
プロペシアの場合、1ヵ月分の価格がおよそ7500円ほどになり、診察料と併せると10000円ほどになります。
それが毎月続きます。プロペシアは通販で購入したほうが安いですが、輸入代行業者を利用しても、5000円はかかります。価格的にプロペシアを継続して購入することができない、という場合は、ジェネリック医薬品を利用する方法があります。

プロペシアのジェネリック医薬品としては、フィンペシアやエフペシアがあります。
プロペシアの有効成分はフィナステリドなのですが、このフィナステリドを配合しているのが、フィンペシアやエフペシアといったジェネリック医薬品です。
ジェネリック医薬品は、有効性や安全性が確認された新薬と同じ有効成分を使用して、同等と認められた低価格の医薬品です。
特徴は低価格であること、また中には味や形状などが飲みやすいように改良されたものもあります。ですから、効果も同等のものが得られるといってよいでしょう。

フィンペシアやエフペシアのジェネリック医薬品は、プロペシアの10分の1の価格で購入できるといわれています。
同じ効果が得られて、価格が安く済むなら、それに越したことはありません。
AGAを改善するには、継続して利用する必要があるので、経済面で気になる場合は、ジェネリック医薬品の使用を医師や薬剤師に相談してみるとよいです。