産後に抜け毛が増えるのはホルモンバランスのせい?

産後

女性特有の抜け毛に分娩後脱毛症があります。
出産の後に髪の毛がごっそり抜けて驚くことがありますが、これは産後脱毛症によるものだと考えられます。
妊娠中は、妊娠状態を維持するため女性ホルモンが通常より多く分泌されますが、これは毛髪の成長にも良い影響を与えます。
ところが出産の後は女性ホルモンの分泌が通常レベルに戻るため、毛髪は成長期から一気に休止期に入ります。こうして産後に髪が大量に抜ける産後脱毛症が起こるのです。

ホルモンバランスの乱れが原因で起こる産後脱毛症は、通常半年から1年ほどで自然治癒します。
しかし高齢出産では回復が遅れがちになることが知られています。また、産後のホルモンバランスの乱れはは母親の心身に大きな変化を及ぼします。
特に精神状態が不安定になると夫婦が上手く行かなくなる「産後クライシス」の原因になる事もあります。

産後の抜け毛が続くと、このままハゲてしまうのではないかと心配になってそれがストレスとなり、かえって抜け毛が改善しなくなることがあります。
ストレスがかかると血管が収縮して血行不良になります。
頭皮の血行が悪くなると、毛穴の毛乳頭などの組織に栄養が行き届かなくなって抜け毛を引き起こします。
この時期はただでさえストレスがかかりやすく、情緒が不安定になって不定愁訴も多くなりがちです。普通の状態ならさほどではないことも大きな障害に感じてしまうこともあるでしょう。

産後脱毛症は回復に時間はかかるものの自然治癒するものだと知っていれば、ストレスを軽減できるでしょう。
1年ほど経過しても回復しない場合には、1人で悩まずに専門家に相談することをお勧めします。
女性の薄毛の種類は非常にバリエーション豊富なので、正しく原因を把握し、適切な対処をするのが重要です。
それと共に頭皮にとってマイナスとなる生活習慣や食生活を改めることも必要です。
パーマやカラーは頭皮にダメージを与えるため避けた方が無難です。ロングヘアは薄毛にとってハンデとなることが多いのでショートカットにしてみるのもお勧めです。

ママ友と話すことで育児ストレスを少しずつ解消しよう

出産後は、赤ちゃんの夜泣きで寝不足になったり、なんでも完璧にこなそうとするため気を抜けず、疲労がたまってしまうことも珍しくありません。
特に初めてのお産では全てが初体験の連続で、不慣れな作業で不安も大きく、責任感と逃げ場のなさに押しつぶされそうなこともあるでしょう。

産後クライシスが話題になりましたが、この時期パパに対して攻撃的になってしまうママも少なくありません。
パパの方もママの変化についていけず戸惑うこともよくあります。
会社から帰宅した時今まで通り家の片づけや食事が出来ていない事に不満を覚える男性も少なくありません。
パパに充分理解がないとママは孤立して育児ストレスを解消することが出来ません。こうした時に有効なのが同じ環境にいるママ友です。

ママ友との会話はまさに今直面している問題を共有することが出来、自分だけが悩んでいるわけではないと認識できるため不安の軽減が期待できます。
女性は共感力の高いので、お互いの悩みを分かってもらえるだけでも気が楽になるものです。
産後の不慣れな育児や寝不足などによって、育児ストレスを抱えて苦しんでいる方は、ママ友の集まりなどを利用して話をしてみましょう。
抜け毛に悩んでいる方も多いはずですので、ざっくばらんに話題にしてみるのもよいでしょう。

またパパである男性も、ママの心身の変化をしっかり理解してサポートすることが大切です。
女性が求めているのは共感であることが多く、大変だったね、いつもありがとう、などの言葉が救いになります。
命を守る仕事で疲労困憊しているママに、今まで通りのサービスを求めるのは止めましょう。食事作りや洗濯などの家事はパパがやる、くらいのつもりでいた方が家庭内平和を保つのに有効です。