育毛シャンプーと正しいシャンプーの仕方

シャンプー

抜け毛が気になるのなら、育毛シャンプーを使用するとよいです。
育毛シャンプーにはスカルプDやウーマといったものがあります。普通のシャンプーとの違いは頭皮のケアができるという点にあります。
育毛シャンプーは頭皮を刺激しないノンシリコンやアミノ酸系のシャンプーで、汚れを優しく落としたり、血行を促したり、栄養を与えたり、といった効果が期待できます。

一般的なシャンプーの場合には、高級アルコール系のものが多く、石油系界面活性剤など刺激の強いものが使われている場合も多いです。
そのため、泡立ちが良かったり、香りが良かったりしますが、頭皮への刺激が強くなり、洗浄力が高過ぎるために、かえってフケや痒み、炎症といったものの原因になることもあります。
頭皮の状況が悪化することは脱毛の原因になりますので、抜け毛が気になるときには石油系のシャンプーなどは避けたほうが賢明です。

脱毛が気になるのなら、弱酸性のシャンプーを選ぶというのもおすすめです。
頭皮は弱酸性であるため、強い酸性も、アルカリ性も、刺激となります。
脱毛が気になるという方の頭皮は既に弱っている状態ですから、よいシャンプーであったとしても刺激のあるものは避けたほうが賢明です。
弱酸性の育毛シャンプーであれば、弱っている頭皮も安心して洗うことができます。

弱っているから洗わない、と考える方もいらっしゃいますが、それは間違いです。頭皮は汚れやすい場所ですから、清潔にすることは重要です。
乾燥している方であっても、洗わなくてよいというわけではありません。汚れを落とし、清潔にするということは大切なことです。
弱っているから洗わない、ではなく、弱っているから優しく洗う、ということを意識しましょう。

スカルプDやウーマなど、アミノ酸系のシャンプーやノンシリコンのシャンプーは、弱っている頭皮を優しく洗って清潔にし、さらに血行促進や栄養を与えるといった効果が期待が期待できます。
だからこそ、抜け毛の気になる方には育毛シャンプーがおすすめです。

シャンプーが最重要!トリートメントはしなくてもいい

育毛シャンプーを選んだら、正しく使いましょう。頭皮を清潔にし、育毛を行うためにはシャンプーが最も重要です。
育毛シャンプーには必要な成分がしっかり配合されていますので、トリートメントなどはしなくても大丈夫です。トリートメントやリンス、コンディショナーといった物を使うことよりも、育毛シャンプーで正しく洗うことを意識しましょう。

正しいシャンプーの仕方としては、まずはブラッシングをして髪のもつれをといておきましょう。
汚れを落としたり、浮かせたりして落としやすくすることもできます。洗うときにはぬるま湯を使いましょう。熱すぎるお湯は必要な皮脂まで奪ってしまうのでよくありません。
ぬるま湯で予洗いをしたら、シャンプーを泡立ててから頭に乗せていきます。
頭皮を中心に指の腹を使って優しく洗っていきましょう。洗い終えたら、ぬるま湯でしっかりとすすぎましょう。

シャンプーの目的は汚れを落とすことです。育毛シャンプーを使ったからといって、成分を頭皮に残すためにすすぎ回数を少なくしたりするのはよくありません。
残った成分は汚れになってしまいますので、しっかりすすぐように心がけましょう。
育毛シャンプーを使って正しく洗えているのなら、トリートメントはしなくても構いません。
頭皮にトリートメントが残ってしまうと汚れになってしまうため、むしろ使わないほうが安心です。

洗った後、湿ったままで放置するのもよくありません。雑菌が繁殖したり、頭皮が冷えて血行が悪くなったりするためです。
タオルドライをしっかり行ったら、ドライヤーで適度に乾かしていきましょう。
ドライヤーの熱が一ケ所に当たるとダメージの元になりますので、長時間同じところに風をあてたりせず、全体を手早く乾かしましょう。