髪に栄養を与える効果的な食事

抜け毛や薄毛は不規則な生活や食事が原因になることがあります。
ストレスや睡眠不足、運動不足などの改善も大切ですが、体内から健康にするために栄養バランスの摂れた食事にすることがより効果的になります。
髪に良い成分はタンパク質、アミノ酸、ビタミン類、ミネラル、亜鉛、カルシウム、ポリフェノール、コラーゲン、イソフラボン、カプサイシン、カフェイン、アリシンです。

頭皮や髪を健康に保つためにはビタミン類です。
ビタミンAは頭皮の乾燥を防ぎ、ビタミンBはタンパク質の代謝の手助け、ビタミンCはタンパク質の吸収の手助け、ビタミンEは抗酸化作用や血行促進効果を持ちます。
野菜や果物を積極的に食べることが大切です。

亜鉛、カルシウムなどはタンパク質の合成をサポートをしてくれます。
特に亜鉛は頭皮や毛髪の生まれ変わりを促すので育毛や抜け毛を防止するためにも絶対に摂取したい栄養素の一つです。牡蠣やレバー、牛乳、ヨーグルトなどに含まれています。
ポリフェノールには抗菌作用、血行促進効果が期待できます。
コラーゲンは頭皮に潤いやハリを生み出しますし、髪が太く抜けにくくなるために必須です。

イソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをします。抜け毛などは男性ホルモンが活発化することでも起こります。
男性ホルモンを抑制するためにも大豆類を積極的に食べるようにしましょう。
カプサイシンは唐辛子に含まれる辛味成分のため、カプサイシンと聞くとダイエットに効果があるものと認識している方も多く、逆に辛いものは頭皮や髪に良くないと認識している人も少なくはありません。
ですが、カプサイシンはイソフラボンと一緒に摂取することで知覚神経が刺激されて毛母細胞の働きが活発になり育毛に効果を発揮します。

カフェインには血管拡張作用があり、血行を良くして抜け毛を抑制できるという効果があります。コーヒーや緑茶に多く含まれています。
アリシンはにんにくやタマネギなどに含まれており、血液循環が良くなり免疫力も高めてくれます。

食事でまかなえない栄養素はサプリメントで補う

髪に必要な成分であるタンパク質、アミノ酸、ビタミン類、ミネラル、亜鉛、カルシウム、ポリフェノール、コラーゲン、イソフラボン、カプサイシン、カフェイン、アリシンを食事だけで摂取しようとすることは大変難しいです。
食事等で摂取出来ない場合に栄養素を簡単に補うことが出来るのがサプリメントです。

サプリメントを利用する際には注意点があります。全ての栄養素をサプリメントで摂取すれば良いという訳ではありません。
費用の負担も大きくなるだけでなく、食べることで栄養素を得ることも体には必要です。
サプリメントはたくさん飲めば栄養を一気に体に溜めこめると思ってしまいがちですが、栄養素一つ一つに摂取して良い基準があるので、摂取基準を守らずに摂取してしまうと中毒症状などを起こしてしまう危険性もあるのでサプリメントの袋などに表記されている指定通りの数だけ飲むように心がけることが大切です。

亜鉛が含まれている牡蠣やうなぎ、レバーなどは日々の食事では毎日摂取しにくい食べ物と言えます。
摂取しにくい栄養素のサプリメントを中心的に購入するようにすると良いです。
また、翌日の仕事などを考慮して食べる機会を減らしてしまうことが多いアリシンを含んでいるにんにくもサプリメントを活用すればにおいを気にすることなく済みます。

髪を健康に保つためには毎日頭皮環境を清潔に保つこと、規則正しい生活をすること、暴飲暴食や塩分を控えめにすること、髪に良い栄養バランスの摂れた食事をすることやサプリメントで栄養素を補うことを忘れないようにしましょう。
髪の健康を保つための規則正しい生活は結果的に体全体の健康にも繋がりますし、大きな病気などに対しての予防にも効果があります。